福岡市南区エリアで歯医者、歯科医院をお探しの方は、
高宮通り こさかデンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

皆さんこんにちは。
福岡市南区の【高宮通り こさかデンタルクリニック】です。

噛んだり、飲んだり、お話したり……ご自身の歯と同様の働きをする「入れ歯」を長持ちさせるためには、ご自身の歯のようにきちんとお手入れすることが必要です。
そこでお手入れ不足の入れ歯がもたらす弊害と、毎日快適に使い続けるために必要な正しいケア方法をご説明いたします。

入れ歯のお手入れ不足で健康を損なうリスクが……

レジンや金属などの素材で作られた入れ歯はむし歯になって穴が開くということはありませんが、やはり毎日使うものなので、お手入れが十分でないとさまざまな不具合が生じてきます。

1.歯周病
入れ歯なのに歯周病!?と驚かれるかもしれませんが、入れ歯にも歯垢は付着します。入れ歯と歯ぐきの間にたまった歯垢に細菌が繁殖して、歯周病が引き起こされます。

2.義歯性口内炎
きちんと保管できていない不衛生な入れ歯はひび割れたり、変形します。このような入れ歯の使用はお口の中を傷つけ、口内炎の原因になります。

3.誤嚥性肺炎
不衛生な状態の入れ歯は細菌の温床。その細菌が気管から肺へと入り込んでしまうことで、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

4.口臭
入れ歯の素材はニオイ物質を吸収しやすい特性があるほか、入れ歯を固定するバネ(クラスプ)は構造上歯垢が付着しやすいため、それらをきちんと取り除かなければ口臭の原因になってしまいます。

5.入れ歯の変色
タバコや飲食物による着色汚れ、歯垢や歯石など、入れ歯に付着した汚れを放っておくと、水洗いでは落としきれずにやがて変色していきます。

適切なお手入れ方法でいつまでも快適

入れ歯は汚れを落としたつもりでも、バネ(クラスプ)や意外な部分に汚れが残ってしまうことが多いので注意が必要です。できれば、毎食後丁寧に磨きましょう。

1. 水洗い
入れ歯を外したら、流水で食べかすや表面のざらつきやぬるつきを落とします。部分入れ歯は、排水溝に流さないように洗面器などを利用して洗いましょう。

2.ブラッシング
入れ歯専用の歯磨き剤と歯ブラシで丁寧に磨きましょう(入れ歯専用の歯ブラシがなければ通常の歯ブラシでも可)。研磨剤入りの歯磨き剤は入れ歯の素材に傷をつけますので使用を避けましょう。

3.入れ歯洗浄剤に浸け置く
20分程度、汚れがひどい場合は一晩洗浄剤に浸しておきましょう。外した入れ歯をそのまま乾燥させるとひび割れ・変形の原因になるので、漬け置き保管を心がけましょう。

4.装着前の水洗い
入れ歯洗浄剤を十分に洗い流してから装着しましょう。

まとめ

入れ歯は毎日使うものなので、お手入れはご自身の歯と同様に丁寧に行うことが大切です。そして、お口の健康と入れ歯を長持ちさせるためにも年に一度は歯科医院を受診して、定期検診とメンテナンスを行うようにしましょう。