小児歯科|福岡市南区エリアのお子さんが怖がらない歯科医院
高宮通り こさかデンタルクリニックの小児歯科

  • 電話
  • メニュー

こどもの歯を守る - 小児歯科

人生で人は一度、歯が生え変わります。だから、「乳歯はいずれ生え変わるから虫歯になっても大丈夫!」と考えていませんか?
実は乳歯の虫歯は一時的なものではなく、これから生えてくる永久歯や現在成長している顎の成長に悪影響を与えてします。また、歯が痛くなって歯医者さんに突然連れてこられることによって、歯医者さんは怖いところなんだとこどもは認識してしまいます。
ですから、もしも虫歯かな?と思った時には早めに歯医者さんに受診していただき、簡単な治療で終えられるようにお願いします。初期の段階であれば、歯を削ることなく治療をすることができ、お子さんへの負担も少ないです。

もしかしたら歯医者さんに怒られるのではないか?と感じている親御さんもご安心ください。健康なお口は今からであれば十分に守っていくことができます。お子さんの成長を当院と一緒に見守っていきましょう。

イメージ画像

当院の小児歯科の特長

こどもはご自宅と親御さんが最大の安全基地。そのため、他の場所や人には慣れるまで泣いてしまう、怖がってしまうことは普通のことです。人が思っている感情も言葉にしなくても、表情や雰囲気で感じ取ることができる年齢だからこそ、自然体で明るく接することができるように心がけています。
一番最初の治療は歯医者さんに慣れることからスタート。治療器具に触ってみたり、診療台に上ってお話ししてみたり、お子さんのペースに合わせて段階的に治療を行っています。お子さんが自ら口を開けて見せてくれるまで待ってから治療はじめるので、歯医者さんが怖いという感情は引き出しません。

歯医者さんのトレーニング

無理やり押さえつけての治療は行わず、嫌がる時は歯磨きの練習や、お口を見てもらう練習をしてお子さんのペースに合わせた治療を行います。

段階的にタービンをお口に入れる練習、お口の水をバキュームで吸う練習を行って、スムーズに治療ができるようにトレーニングします。

イメージ画像
  • 押さえつけての治療はしません
  • 嫌がるときは歯磨きの練習、お口を見てもらう練習
  • タービンをお口に入れる練習
  • お口の水をバキュームで吸う練習
  • どんな治療に使うか各治療器具を知ってもらう

当院の小児歯科治療

  • イメージ画像

    フッ素塗布

    虫歯予防に効果があるフッ素を歯面に塗布します。フッ素な自然界に存在する添加物で、低濃度であればこどもにも害はありません。
    虫歯にならないだけではなく、虫歯菌を増やさない、歯質を強くするなど歯を守るために最適です。

  • イメージ画像

    シーラント

    奥歯が生えてきた頃に、デコボコを歯科用プラスチックで塞ぐ予防法です。汚れがたまる場所をあらかじめなくすことができるので、歯磨きが苦手なお子さんでも安心です。親御さんの仕上げ磨きの手間も省けるのでおすすめですよ。

  • イメージ画像

    歯磨き指導

    お口の中の形は人によって違うので、歯磨きも1人1人変える必要があります。どのような歯ブラシが合っているか、磨き方はどのようにするか、歯科衛生士がわかりやすくお話しさせていただきます。

  • イメージ画像

    食事指導

    よく噛んで唾液を出すことは消化器官、脳、虫歯予防に効果的です。食べるものの選択(砂糖の多く入っているものは控えるなど)、決まった時間に食事をとるなど、虫歯にならないための秘訣をお伝えします。

小児歯科治療はご家族のご協力が必要です

まだまだお口の中の健康を守ることの重要性がわからず、不器用で歯磨きが行き届かないこどものお口のケアは親御さんのご協力で成り立っています。健康な歯は親御さんが贈ることができる大切な財産です。将来も健康で過ごしていけるように、今から正しいお口のケアを習慣化させましょう。

イメージ画像

食後の歯磨き

1日3回、食後は仕上げ磨きをして汚れがお口にとどまらないようにしましょう。お仕事などでなかなか時間をとることが難しいという方も多いと思いますが、そのような方こそ歯磨きをお子さんとのコミュニケーションツールとして利用いただき、愛着関係を築いて欲しいと思います。

イメージ画像

母子感染

生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在していません。子どものお口に虫歯菌が発生するは、親御さんとの食器の共有や口移しなどが考えられます。できるだけそれらを控えて、お口の中に虫歯菌を発生させる時期を遅らせることもとても重要です。