インプラント|福岡市南区でインプラント治療するなら最新インプラント設備の
高宮通り こさかデンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

失った歯を取り戻す - インプラント

インプラントとは・・

何らかの原因で失われてしまった歯の代わりに、人工の歯を埋入する治療です。入れ歯・ブリッジと違って、人工歯根を埋め込む手術を行うので、本物の歯のような噛み心地やつけ心地を得ることができます。また、自立しているので周りの歯を傷つけることなく、その場所にあった歯の役割を果たすことが可能です。
見た目も透光性のある素材を使用して人工歯を形成するため、天然歯同様または、それ以上の美しさを手に入れることができます。

イメージ画像

当院のインプラントの特長

日本でも一般的になってきたインプラント治療。治療技術としての歴史や臨床実験数は長く、豊富にあるものの、まだまだ珍しい治療という位置づけのように感じます。
そこで、当院では患者様が安心して治療を受けていただけるようにカウンセリングを重視。お口の中の状態や適応可能な治療法について、治療期間、費用、治療中の過ごし方に至るまで、全ての悩みを解消してからのスタートをお約束しています。また、歯科用CTや3Dシュミレーションなどの最新機器を導入して、精度が高く長持ちするインプラント治療をご提供できるよう努めています。

安心のインプラントのための3のポイント

  • カウンセリング

    イメージ画像

    インプラント治療をご検討の患者様に、お口の状態を踏まえて、どのような治療が可能であるかお話しさせていただきます。患者様のご希望を丁寧にお伺いした上で、適切な治療法をご提案させていただきますので、理解・納得して治療に挑んでいただけます。

  • 歯科用CT

    イメージ画像

    歯科用CTは平面的なレントゲン写真では確認することが難しい、歯の形や血管・神経の位置、顎の骨の骨量などを正確に測ることができます。埋入するインプラントはどのようなものが最適か、治療法どれが適切か正確な診断に必要不可欠です。

  • 3Dシミュレーション

    イメージ画像

    3Dシュミレーションを使うことによって、今まで医師の経験則に頼っていた治療の効果を事前に確かめることが可能になりました。より長持ちするインプラント治療を行うために、患者様毎にシュミレーションを行い精度の高い手術を実現しています。

当院で使用しているインプラント

世界シェアNo.1 ストローマンインプラントを使用しています

精密機械産業が盛んなスイスに本社を置くストローマン社。このインプラントメーカーは長年、世界的に活躍する営利学術組織とのパートナーシップにより、学術的に裏付けのある製品を提供しています。埋入後5年、10年と長い安定性があることが多くの歯科医師が発表されており、インプラント自体が小さいこともあって日本人の顎にとても適している製品です。

イメージ画像

インプラントメリット

① しっかりと噛めることができる

歯の根っことなる部分をつくるため、硬い食べ物を噛んでも歯ぐきに補綴物があたる感覚がなく、違和感なく食事を楽しむことができます。食べ物の選択肢が天然歯があった頃と同じく選ぶことができるので、外出時などにストレスを感じることがないです。

イメージ画像

② 周りに歯に負担をかけない

入れ歯やブリッジは健康な歯を支えとして人工歯を固定しているため、長く使用していると健康な歯に相当な負担がかかります。一方、インプラントは人工歯根を埋め込み、自立している人工歯をつくるため周りの歯に負担をかけず、逆に支えることができます。

イメージ画像

③ 見た目が綺麗に

透光性のある素材で人工歯を作製するため、天然歯同様または、それ以上の見た目を手に入れることができます。口を大きく開けても金属が見えることがないので、他人に違和感を感じさせません。また、自信を持って話す笑うことができるようになり、表情筋が鍛えられお顔の印象が明るくなることが多いです。

イメージ画像

ブリッジ・入れ歯との違い

イメージ画像

ブリッジの場合

抜けた部分の両隣の歯にかけるブリッジは、両隣の歯(健康な歯でも)を削らなくてはならず、他の歯への負担が大きいです。

イメージ画像

入れ歯の場合

ブリッジと同様に、両隣の歯を傷付けてしまうデメリットのほかに、噛み心地や見た目の面でもバネが見えるとすぐ入れ歯とわかってしまう。

イメージ画像

インプラントの場合

他の健康な歯を傷つけないため他の歯への負担がなく、見た目にも天然の歯とほぼ変わらない自然で綺麗な仕上がりになります。

インプラント治療の流れ

Step1 カウンセリング・事前調査

イメージ画像

まずは患者様がインプラント治療に対して、どのような思いをお持ちなのかをしっかりお伺いします。その上でレントゲン撮影、CTスキャン、口腔内模型検査など、診断をするための十分な検査を行い、データを基に治療法についてご提案させていただきます。
患者様と一緒に治療計画を立案し、納得して治療を受けていただけるようにしていますのでご安心ください。

Step2 1次オペ

イメージ画像

人工歯を支える、支柱となる部分を顎の骨に埋入していきます。手術は局所麻酔で患者様にストレスがかからないよう工夫して行っています。1本あたりにかかる時間は15~30分程度で、手術後少し休めばご帰宅いただくことが可能です。

Step3 定着期間

イメージ画像

顎の骨とインプラントをしっかり結合させるために、定着期間を設けます。その時は仮歯を作製して生活いただきますので、食事やお仕事に支障を与えることは少ないです。

Step4 2次オペ

イメージ画像

インプラントが顎の骨に結合したことが確認できたら、人工歯を装着する台を取り付ける手術を行います。この手術で外科処置は全て終了です。
この後、再度定着期間を置き、取り付ける人工歯の型どりをすればいよいよインプラント治療も完了となります。

Step5 装着・メインテナンス

イメージ画像

人工歯ができあがったら、台に装着して噛み合わせなどの最終調整をします。
術後、3日間、1週間、1ヵ月・・・に経過を観察していき、問題なければ治療完了です!長い間の治療ご苦労様でした。 今後は定期的にメンテナンスを行っていただき、生涯インプラントをお付き合いができるように継続的なサポートをさせていただきます。