福岡市南区エリアで歯医者、歯科医院をお探しの方は、
高宮通り こさかデンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

皆さんこんにちは。
福岡市南区の【高宮通り こさかデンタルクリニック】です。

歯を失ったあとを補う方法として入れ歯やブリッジとともに、近年、特に注目を集めているのが「インプラント治療」です。ようやく国内でも一般的な治療法になってきた印象ですが、実は歴史の古い治療法です。
今回はインプラント治療についてくわしくお話ししていきます。

「インプラント」はどのようなものですか?

そもそも「インプラント」とはおもに医療目的で体内に埋め込まれる器具のことをいいます。骨折治療の際、骨を固定するためにボルトを使用することがありますが、これもインプラントです。
そして歯科でのインプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込み、それを土台にアバットメントという部品と、セラミックなどでできた人工歯の3つの部品を取り付けます。この人工歯根がインプラント、またはデンタルインプラントと呼ばれているものです。
人工歯根の材料はチタンやチタン合金です。これらは生体との相性も良く、骨と結合する性質がありしっかりと顎の骨に固定されることから、自分の歯のような噛み心地を再現できるのです。

インプラント治療はいつごろから始まった治療ですか?

インプラント治療の歴史は古く、なんと紀元前に行われたという記録が残されています。現在のインプラントの前身にあたるものは1900年代初頭に登場しましたが、生体との相性の良い金属がなく、うまくいかないことが多かったようです。
その後、1950年代になるとスウェーデンのブローネマルク医師らが、チタンが骨と結合する特殊な現象(オッセオインテグレーション)を発見。1965年、この現象を応用し、チタン製スクリュータイプのインプラントを用いた治療を行いました。以来、インプラント治療は全世界に広がり、日本では1983年に初めて導入されました。

インプラント治療にはどういうメリットがありますか?

インプラント治療は人工歯根を埋め込む手術を行わなければいけません。それに伴って、合併症のリスクや長い治療期間、高額な治療費……などのデメリットもありますが、それ以上のメリットが得られる治療です。
これまでの取り外し式の入れ歯や義歯、周囲の歯を削って装着するブリッジと比較して、残存歯への負担が少ないこと。自分の歯のような噛み心地や見た目など機能性、審美性に優れていることなどのメリットが挙げられます。

まとめ

インプラント治療は治療方法としての歴史も長く、臨床実験例も数多く積み重ねられ安全性が認められる治療法が確立されてきました。
当院では患者様にはさらに安心して治療に臨めるように、治療法や治療期間、費用、治療中の過ごし方に至るまで、インプラントに関する情報を細部にわたってご説明させていただきます。
インプラント治療にご興味のある方は、ぜひ当院までご相談ください。