福岡市南区エリアで歯医者、歯科医院をお探しの方は、
高宮通り こさかデンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

気づかないうちに進む歯周病

こんにちは。 福岡県福岡市南区にある歯科医院、高宮通り こさかデンタルクリニックです。

歯周病は日本人の成人の約80%がかかっているといわれている国民病です。 自分は関係ないと思っていても、いつの間にかかかっていることは珍しくありません。 今回は歯周病の症状についてお話いたします。

歯周病チェックリスト

歯周病になっていないかどうか簡単なチェックリストで確認してみましょう。

☑歯ぐきが赤くはれている
☑歯ぐきがやせてきた
☑歯と歯の間が空いてきた
☑歯みがきをすると血が出る
☑歯ぐきがはれてブヨブヨしている
☑歯が浮いた感じがする
☑歯がグラついている
☑歯ぐきから膿が出る

チェックが0個: 歯周病の心配はほぼありません。これからも歯みがきと定期検診を心がけましょう。

チェックが1~2個: 歯周病の可能性があります。ブラッシングのやり方を見直すとともに、かかりつけの歯科医院に相談しましょう。

チェックが3~5個以上: 初期~中等度の歯周炎になっている可能性があります。早めに歯科医院で診てもらいましょう。

歯周病の進行

1 歯肉炎 歯と歯ぐきの間にある歯肉溝に歯垢がたまって発症します。 歯肉に炎症が起きてはれ上がり、歯と歯ぐきの間にすき間が広がって歯肉ポケットが生まれます。

2 軽度歯周炎 歯肉のはれが悪化して、歯周病菌によって歯を支える骨(歯槽骨)や歯根膜が破壊されていきます。 歯周ポケットはさらに深くなっていきます。

3 中等度歯周炎 歯周炎がさらに悪化し、歯槽骨は半分近くまで破壊されていきます。歯がぐらつくようになり、歯肉から頻繁に出血します。 歯周ポケットはさらに深くなり、歯ぐきは縮んで歯が長く見えるようになります。

4 重度歯周炎 歯が大きくグラつき、歯が抜けることもあります。 歯ぐきのはれは悪化して化膿していきます。

歯周病の症状について(初期段階での気づきにくさ、自覚する頃の状態など)

カテゴリ:歯周病(2018.12.26 [水])